セックスはどんな効能がありますか?

セックスといえば、お酒タバコとならんで健康に悪いイメージがありますが、ある研究によれば、セックスは健康に良いことがわかっています。では、セックスの効能は何でしょうか?本文では、セックスの効能の詳細情報をご紹介します。

ストレスを和らげる
セックスをすることで、ストレスが和らいだ経験をされた方は多いのではないでしょうか。ストレス解消することで、血圧を下げたり、ぐっすり眠る効果がありますし、おまけに美容やダイエットにもよいです。

男女の愛情が深まる
セックスは、絆ホルモン・愛情ホルモン・信頼ホルモン、おまけに幸福ホルモンとも言われる「オキシトシン」が多く分泌されやすいそうです。それにより2人で居ることによる健康、幸せ感や、相手への愛情度が高まるので、カップルを円満にしてくれます。

脳の働きを向上させる
セックスすれば、やる気が起きる上に頭の回転も速くなるので、仕事や勉強の能率が上がるのです。また、快感を知った脳は、再びその快感を求めてドーパミンを分泌させようとするので、より快感の大きいセックスを求め、さらにまたそのセックスによって脳の働きが向上するといった相乗効果が得られていくのです。

自尊心が高まる
セックスは愛する人に夢中で体を求められる事により、「求められている」と感じる事ができます。男性の全ての要求を女性が受け入れる事により、「受け入れられた」「認めてもらえた」というふうに自尊心が高まるのです。健康がセックスの効能の中で一番大きいと思ったのが、この「自尊心が高まる」というせっくすの効能でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です